【初心者向け】「アロマ」をはじめたので、はじめ方と効果、おすすめのオイルを紹介

2019年4月4日

趣味探しシリーズその2「アロマ」です。

きっと親がこの記事を見ていたら、「同人誌ばかり買いあさってたまーすけが、なんて女の子らしくなって」とむせび泣くことでしょう。

いやぁ、正直私もこういう、無駄に女子力のかたまり的なのは避けて生きて生きたんですが。

先日アニマルプラネットで、「匂いと動物」みたいなテーマがあって。
でそこで、動物は匂いでコミュニケーションとかチョメチョメとか、その他もろもろするって言ってて。

それをみて思ったんです。

アロマっていうと、おしゃれで逃げたくなるけど、「嗅覚」って点で考えると、合理的だなと。

なるほど、アロマっていうのは、非常に動物的な趣味なんだ、なーんだ全然おしゃれじゃないじゃんって思ったんです。

むしろ、いつも暴れ馬状態の自分を匂いで押さえつけることができたら、最高じゃんと思い、やってみました。

アロマを始めるにあたって買ったもの

  • アロマディフューザー 3000円くらい
  • アロマオイル 5本(5ミリ)1000円くらい(写真は2本しか映ってないです)
  • かかった総額4000円

思ったより、安く始められました。

アロマディフューザーっていうのは、要は加湿器てきなやつです。水とアロマオイルを入れて、部屋にいい匂いを拡散する装置です。

やり方

  1. アロマディフューザーに水を入れる
  2. アロマオイルを数滴入れる
  3. 香りを楽しむ

これだけ。めっちゃ簡単です。
でも、これ思ったんだけど、趣味としては成り立たなくね?と。

だって、作業時間1分だよ?
あとは、かってにアロマディフューザーが勝手に香りをだしてくれるから、こっちサイドとしてはやることない。

ひたすら匂いを嗅ぐのみ。くんかくんかするのみ。ハム太郎と一緒。

はたしてこれは趣味になるのか?と。
多分ね、ならない。

少なくとも、私が求めていた、没頭できる趣味にはならない。

とはいえ、アロマをしていて私が感じた効果もあります。

アロマオイルで感じた効果

リラックス効果

これはね、大いにある。
イライラしているときに、アロマしていい香りをくんかくんかして、興奮状態を少しずつ抑えていく。

「イライラした→よし、アロマアロマ」という流れが出てきた。
気分転換が下手糞な私には結構大切かもしれない。

というわけで、精神状態を落ち着けたいときに、使えます。

フレグランス効果

私の家はワンルームなわけで、料理とかの生活臭で満ち溢れています。
まじ魚とか焼けない。

そんな中で、アロマオイルを使うと、部屋が非常にいい匂いになる。
THE JYO★SHI★って感じになる。

1回使用した程度だと、香りは消えてしまうが、毎日毎日続けることによって、部屋がいい匂いになる。
(数日間やらないとまた生活臭だけど…)

仕事で疲れて帰ってきて、部屋がくさいのがいままで結構イライラのもとだったんだけど、朝アロマしていくと、帰ってきたときにいい香りなので、気分がましになります。

作業はかどる効果

これはただのプラシーボ効果なのかもしれないですけど、意外と侮れない。

アロマオイルには、その香りが持つ効果みたいなものがあって、そこに集中力を高める香りとかも存在するのですが、それを嗅ぎながらやると作業がはかどった。
多分これは、プラシーボ的な側面もあって、よし!集中力を高める香りをかいでいるから大丈夫!と思い込んで作業するのも大いにあると思うけど、
それでも私自身、ブログ書くとかの作業がはかどった感じがある。

思い込んでやる!っていうのがみそ。

 

条件付け効果

もはやイヌかよ的な感じですが、この香りを嗅げばおちつく。この香りを嗅げばすっきりする。この香りを嗅げばよく眠れる。
そういうことを条件付けすることによって、実際に落ち着いたり、すっきりしたりして、気分の高低を微力ながら調整できるようになった。

もちろん、気分の落ち込みが激しいときには全く効果がないし、そもそも「アロマやろう★」なんて気にもならないけど、「あ~疲れた」程度の落ち込みの時は、いける。

アロマオイルの種類

聞きかじった知識ですが、アロマオイルには大きく4系統の香りがあるそうです。

フローラル系

ローラル系 は、リラックスする香りが多くて、疲れた時や寝る前のゆったりとした時間におすすめなのだとか。
代表的な香りは、「ラベンダー」です。ラベンダーは、安眠効果があるとかで有名ですよね。

ハーブ系

ハーブ系は、リラックスというよりはリフレッシュの香りが多く、気分を変えたい・すっきりしたいというときにおすすめです。
代表的な香りは、「スペアミント」や「ハッカ」です。

柑橘系

柑橘系も、ハーブ系と同様、リラックスというよりはリフレッシュの香りが多く、気分を変えたい・すっきりしたい・明るくしたいというときにおすすめです。
個人的な感想ですが、柑橘系とハーブ系の違いとして、ハーブ系のほうがすーっとした香りが多いので、すっきり感が強いです。
柑橘系は、すっきりしつつも、どこかリラックス感がある甘さがある感じです。

柑橘系の代表的な香りは、「オレンジスイート」や「ベルガモット」です。

ウッド系

ウッド系の香りは、その名の通り、「木」を原料にした香りで、森にいる感じがします(笑)
空気をクリアにしたときにおすすめです。

代表的な香りは、「ユーカリ」や「ティーツリー」です。

気分の乱高下が激しい私がおすすめの香り

私はいまのところ、10種類程度のアロマオイルを所有していますが、その中でのお勧めは、以下の通りです。

  • フローラル系なら「ラベンダー」
  • ハーブ系なら「レモングラス」「ハッカ」
  • 柑橘系なら「オレンジスイート」「ベルガモット」「マンダリン」
  • ウッド系「ティーツリー」「シダーウッド」

一番お勧めなのは、柑橘系の3つかな。

私はどうやら柑橘系の香りが大好きみたいです。

柑橘系は、酸っぱさの中にも甘さがあって、気分をいい感じすっきりさせてくれます。
「オレンジスイート」と「ベルガモット」は絶対嫌いな人いないくらい、いい香りです。

趣味「アロマ」のまとめ

アロマはコスパはいいです(私の場合、初期費用4000円)。
ディフューザーさえ買ってしまえば、アロマオイルがなくなったらを買えばいいだけ。
アロマオイルも1回の使用量が数滴なので、全然なくなりません。

とはいえ、長時間没頭できる系の趣味ではないので、ながら作業時とかにアロマをするのがお勧めです。
例えば、ゲームしながらヨガをしながらテレビを見ながらとか。

私も、そういう使い方をして、主に精神を落ち着けるためにやってます。

気分を落ち着ける趣味が欲しいっていう人には、お勧めの趣味です。